Neo Culture [Bibliothek]
Neo Culture [Bibliothek]
  • [#Journal]              

     ブログ Neo Culture #Journal へ

    Access
  • 「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

    [世界食譜]

    「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
    Access
  • [Die Welt]

    写真館
    Access
Neo Culture [#Journal]
/

!News!

2021/2/25

インド人直伝 北インドのおうちカレー 上 加筆修正・PDF版「ver2.0」対応 発売です!
ご連絡いただいた方には明日午前より順次対応させていただきます。販売価格は400円です。
購入後希望の方はページ上部のメールアドレスか、
ページ下部の問い合わせフォームよりご連絡ください。

冊子版からの変更点は以下の通りです。
・前書き、「ver2.0」解説ページの追加
・ページ番号の付与
・コラム「インド人の主食とは???」の内容の差し替え
・他コラムの加筆修正
・レシピの細かい部分の説明の補足
・バターチキンのレシピの追加
・拡張コンテンツの追加

ご購入いただいた方にはポータルのリンクアドレスをお送りいたします。
ポータルにアクセスしていただくと、レシピ本PDFファイルのダウンロードと関連する拡張コンテンツの全てのご利用がしていただけます。

下巻は3/25発売の予定です。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/2/23

「ver2.0」対応レシピ本の拡張コンテンツのうち

ご購入いただいた方のみがご利用いただけるクローズドコンテンツのご利用方法の説明を

「ver2.0」特設ページに追加いたしました。

こちらからご確認いただけます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/2/20

インド人直伝 北インドおうちカレー 上 加筆修正・PDF版の「ver2.0」拡張コンテンツ

ガラムマサラを深掘りしてみた。Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

を本編の発売に先駆けて公開いたしました。

こちら←からご確認いただけます。

なおPDF版本編は2/25発売です!
どうぞよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/2/14

「ver2.0」拡張コンテンツの配信スケジュールを更新しました。

こちら←からご確認いただけます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/2/13

レシピ本拡張パッチ

〇書き忘れ-アジアに学ぶ大量調理のカレーレシピ 南アジア編

https://neoculture.info/entry/2021/02/13/204509

を追加しました。

書き忘れ、すみません!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/2/7

Neo Cultureレシピ本事業大規模アップグレードに関するお知らせ

レシピ本の新規格「ver2.0」の特設ページを開設しました。
特設ページではレシピ本新刊発売および拡張コンテンツの配信スケジュールのチェック、
各拡張コンテンツの利用方法がご確認いただけます。
以下のリンクからアクセスしてくださいませ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/2/3

Neo Cultureレシピ本事業大規模アップグレードに関するお知らせ

詳しくはブログ記事↑をお読みいただければと思いますが、Neo Cultureはこれからの時代のレシピ本の新しい在り方として、
レシピ本の新しい規格「ver2.0」を提唱いたします。
これはレシピ本の最大の弱点である「一回書いたら修正効かん!更新できん!」という部分をウェブを使って拡張コンテンツを配信し、補おうという発想です。
これにより、レシピ本ページ[Bibliothek]https://www.horizon.boston/bibliothekの仕様が変更となり、
新刊発売のスケジュールも変更となっております。

詳しくはブログ記事、該当ページをごらんくださいませ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/1/22

ウェブページの構成が以下の様に変更になりました!


ホームページ&お知らせ&ブログへのリンク→[#Journal]

レシピコンテンツ→[世界食譜]

写真館→[Die Welt]

カレーのレシピ本&レシピ本の拡張コンテンツ→[Bibliothek]


また、[Cookbooks]のレシピ本紹介コーナーから

ブログ Neo Culture #Journal に上がっている既刊のレシピ本拡張パッチに

直接アクセスできるようになりました。

https://www.horizon.boston/cookbooks

引き続きNeo Cultureをどうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021/1/17

aあけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、レシピ本の新作の製作がスタートしております!


「南アジア人直伝 スパイスカレークックブック初級 Technics&Recipes」
タイトルの通り、今回は南アジアの調理技術に焦点を当てたレシピ本です。北インドのおうちカレー上・下、タミルベジタリアン料理本も補完する内容になっており、登場する調理技術と各本に登場する料理の関連付けも行います。さらにこの本の特色としては、各調理技術を独自のダイアグラムを用いて体系化し、どの順で習得していけば楽か、ということを難易度も含めて視覚化したことです。インド料理含め、南アジアの料理を習得したいけど、どうしたらいいか分からないという相談は長年受けてまいりましたが、それらのいただいた相談への一応の回答がまとまった形です。スパイスの説明もきちんと冒頭で行っておりますので、参考書としての機能もばっちり備えております。

以下、本書で紹介する調理技術とレシピの一覧です!
〇テンパリング-チキンマサラ、アルジラ
〇ブナ、バジ-キャベツのサブジ、ズッキーニのバジ、ビーフブナ
〇タドゥカ(タルカ)-ダルタドゥカ(ダルタルカ)、オーラン
〇スパイスの乾煎り-ガラムマサラとポテトマサラフライ、マサラペーストとチャナガッシ
〇パンチポロン-メティカボチャ、ダールマ
〇バルタ-ベイガンバルタ、オクラのボルタ
〇タマリンド水-エビコランブ
〇ヒングパーニー-ラッサム、ヒングワリ・ダル
〇ボーンスープ-マトンボーンスープ、チキンボーンカレー
〇ヨーグルトベース-レンコンのヤクニー、フィッシュコルマ
〇ダム-ダムチキン(チキンラズィーズ)、マトンレザラ
従来は切り離して考えられがちだった、インドで言えば東西南北の料理も、用いられている調理技術という視点から見直せば効率よく習得していけるはず、というのも本書独自の視点ではないかと思います。
また本書では、私の論と知識と経験の偏りを補い(私のインド人の師匠はオリッサ人でしたが、場所的にほぼベンガルな上にイスラム教徒でしたのでいわゆるオリッサとはだいぶ違った!)、ネイティブの南アジア人の声をより正確に日本語に直すために、名古屋のオリッサ料理研究家Ichi Patsuさんにも制作の協力をしていただいております。

発売は4月の頭を目指します!
続報は随時発信してまいります~皆様どうぞ今回もお楽しみにでございます!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020/12/22

「世界食譜」

#10 北インドベジタリアンセット 新発売です!

このセットにはライス・ラジマ、パオバジ、玉ねぎのアチャールの

3種類のレシピとそれに必要なスパイス2回分が含まれます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020/10/25

「世界食譜」に新コンテンツ

 世界食譜を追加しました。

シリーズ、写真、その他の情報は順次更新していきます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020/9/24

「世界食譜」に新コンテンツ

2つの工程だけで作るレシピ集

〇2step多国籍料理 ~煮るだけ・焼くだけ・和えるだけ~

を開設しました!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020/8/14

Neo Culture のウェブページをリニューアルしました。

まだ一部工事中ですが、すみません!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020/8/9

ビリヤニの専門書「ビリヤニの2割」PDF・紙版発売しました。

お問い合わせはページ上部記載のメールアドレスまでお願いいたします。


価格 PDF版1500円/紙版2500円/PDF&紙同時購入3500円


〇新型アレコレの関係で実店舗の販売を除き郵送とさせていただきます。
〇それに伴いまして送料が発生いたします。
〇取り扱っていただける店舗さまにつきましては現在調整中です。
〇最初に片方、後からもう片方と購入されましても、割引が適用されます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2020/2/25 
既刊のレシピ本5冊の拡張パッチをブログにて配信開始です。

既刊のレシピ本5冊に関して、紙面の都合上踏み込んで書けなかったコラムや、

新しく知ることができたレシピのバリエーション、

テクニックなどをページごとにブログでまとめて配信していきます。

また拡張パッチには画像や写真はございません。ご利用の際にはお手元にレシピ本をご用意ください。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2020/1/5 
アジアに学ぶ大量調理のカレーレシピ 上・南アジア編PDF版を発売しました。

20人前以上のボリュームを仕込む際に参考にできる大量調理のレシピ本です。

価格1000円


About Me

Neo Culture代表。

33ヵ国を放浪した謎の旅人。

インド人からインド家庭の料理を学んでおり、旅人であるということ、広島出身であるということ以外の経歴は一切不明。